読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんじゅん農全国交流会に参加してきました

こんばんは、ヤギ平です。

 

2月25日(土)はたんじゅん農全国交流会に参加してきました。

 

皆様、炭素循環農法って聞いたことありますか?

少しだけ知れ渡ってきてるのかな?と思います。

いや僕が興味持ってるからそう思ってるだけかなw

 

どういう農法かと言いますと、それこそ単純!

「無農薬無堆肥」

 

農薬も肥料も使いませんと!

この農法で野菜を育てると

なんとその野菜を食べた虫が死ぬ!という事例も出ています。

 

これは野菜が有害なのではなく、その野菜こそが人間にとって安全な野菜であるということです。

つまり虫が食べるような野菜は本当に安全な野菜ではないということ。

 

虫がつく野菜はおいしいと言われるとおもいますが(実際僕も思ってました)

実は違ったんです。

虫が好むのは栄養として散布している肥料に含まれる窒素。

なので窒素を供給された野菜を食べにくるというわけ。

更には窒素を食べに来た虫を駆除するために農薬を使うと。

 

これがよく言われる慣行農法というやつです。

 

昔は農薬を使わなくても野菜は出来たのです。

肥料をやらなくても山や森ではどんどん植物は育つのです。

 

これが当たり前の姿じゃないのかな?

世の中になかった科学的な物質を体に取り込むことに抵抗がないというのは怖いです。

昔では存在しなかった病気が今はたくさんあります。

 

病は気から。

体を作るのは食物。

 

体に入れるものを今ほど気にしないといけない時代はないと思います。

 

そんなこんなで農業を始めようと考えているわけです。

そして「たんじゅん農法」ではそれを実現しているのです。

 

はやく皆様に元気で安心な野菜を届けたいと思います!!

 

ヤギ平

自分たちで生きたい

ヤギ平です。

 

2月18日19日で次の移住先の下見に行ってきました。

場所は兵庫県です。

僕たちは今東日本に住んでいます。

 

次のスタートは西日本になります。

ヤギ平、ヤギゑはどちらも大阪出身なので、言葉は全く問題ありません。

というよりそこは元より気にはしていませんでしたがw

 

そしてそこで出会った村のシステム。

それこそがこれからの日本に必要なシステムだと実感しました。

 

今はネットでなんでも調べられる時代になりました。

だからこそ好奇心旺盛なヤギは「ググ」れば知識を蓄積していけるのです。

しかも自分で「調べた」知識なので、愛着のある情報になるのです。

 

でもそこに現代システムの弊害があるのでなないでしょうか。

 

つまりは「信じ込んでしまう」ということです。

自発的に調べたものは信じたくなりますよね。

普段は決められた社会のルールの中で行動しています。

むしろ行動させられている?というべきでしょうか。

ルールの中での生活において、「自分から動いて」取りに行った情報は特別になると思います。

 

僕もそうです。

ただその情報こそが真実だと信じ込んでしますことにはリスクが伴います。

真実であれば良いですが、「リアル」でないと手に入らない情報もあります。

自発的・能動的に行動すること自体は素晴らしいと思います。

 

ただ結果得られた情報を自分の中で「本当かどうか」「自分の役に立つかどうか」

それを見極める能力を磨いていかなければ結局は情報操作された世の中で「生かされる」ことになると思います。

 

それをまざまざと経験した週末になりました。

 

現代ヤギは「科学」「おカネ」「情報」がすべてだというものがいます。

国家が正当な情報(原発問題、農薬問題、医療問題などなど)を公開してくれない今、それだけを信じていてはいけないと思います。

それらはほとんどが国家や既得権益に支配されているのです。

 

だからこそ僕たちは「知恵」「実経験」「情報の判断能力」を大切にするべきです。

システムの中で「生かされて」いては、搾取されるだけの一生になり得ません。

しっかりと自分たちの足で歩いていきましょう。

 

ヤギ平

お金というモノ

ヤギ平です。

 

今日は「お金」について書いてみたいと思います。

 

僕は今、証券会社で働いていて日々お客様のお金をどうやって守るか、どうやって増やすかということを考えて提案をしています。

皆さんも証券会社と聞くと株や投資信託を売り買いしてお金を「増やす」ことをメインにしてると考えていると思います。

最近は少し変わってきていて、お客様のお考えに応じて「増やす」「守る」「次の世代に渡す」

そういったことを一緒に考える営業ヤギも出てきています。

もちろんまだまだ少数派ですけどね。

 

多くの営業は会社から言われたことをこなしたり、上司から言われたことをそのままやるというヤギです。

そこに疑問や不満を持ちながらも日々を過ごしているのも事実だと思います。

 

これは営業が悪いわけではなく、経営やその意思を支店や部下に伝える上司に問題があることが多いと思います。

まぁここは言っても仕方ないのでまたの機会にしましょう。

 

さて現代社会において、この「お金」というモノは非常に大きなパワーを持っています。

お金の魅力は「モチベーション」にもなりますが、「魔力」にもなります。

お金自体は悪いとは思いませんが、そこに価値を置く時代が出来上がっています。

 

そしてその時代にヒビが入ってきているのも現実ではないでしょうか。

例えば岡田斗司夫さんの仰られる評価経済もそうですし、Bitcoinの登場も貨幣経済が信用を失い始めている証左だと思います。

 

更には日本の「円(yen)」は殊更、価値の低下が危惧されます。

なので対策としては外貨獲得や株式取得という方法があります。

 

具体的な方法は今回書きませんが、お金が大切であり、価値のあるモノであるという時代はしばらく続くと思います。

ただ今までよりも相対的に価値は下がってくるのは間違いないでしょう。

日本円はより一層。

 

ではこれから価値の出るモノはなにか?

それは現物(げんぶつ)だと思います。

食物や服や手に職のあるヤギ。

色々ありますが、デジタル化、AI化する社会において、価値は更にそちらに流れてくると思います。

 

今日はここまで。

 

ヤギ平

農業を始めようと考えているワケ

こんばんは、ヤギ平です。

 

自己紹介したように、今は証券会社で営業ヤギとして働いています。

その中では株式や投資信託などをお客様のヤギに買っていただき、その手数料が成績や会社の利益になっています。

一見すると証券会社のヤギがどうして農業というアナログな世界に足を踏み入れるのかと疑問に思われるかもしれない。

実際、友ヤギに相談していると、「なんでそんな異世界へ?」とか「また突拍子もないことを。」なんてことを言われることもある。

 

世間から見るとそうなると私自身も思う。

ただそこには根本的に自分の世界が変わったということが理由である。

 

ヤギ子が生まれ、ヤギ子自身・そして夫婦の健康に気を遣うようになりました。

更には2011年の東日本大震災によって、日本や世界のパラダイムは大きな転換点を迎えたといっても過言ではないと思います。

放射能汚染の恐怖が与える子ヤギたちへの影響は計り知れません。

 

いくら政府が問題ないですと言っても信頼出来ないのです。

チェルノブイリ原発から30年以上経った今でも影響は色濃く残っているのですから。

それなのに何を根拠に日本の福島原発の影響はないと判断しているんでしょうか。

更には福島への帰還を認めている状況も現在あり、政府の対応と発信には全く持って信憑性がありません。

 

その中で子ヤギたちの体への影響を考えると手ぶらで臨むことは危険だと考えたのです。

また日本の農作物には多くの農薬が使われている上に、海外では危険なため使用禁止の農薬ですら使われている状況です。

 

この状況下において僕たちが農業転身を考えることには何の違和感もないと思います。

自分たちの手(足?)で無農薬、無堆肥の野菜を作ることは非常に大切なことです。

そして完成すれば、それ必要とする方々はたくさんおられると確信しています。

だから農業をやるのです。

農業だけをやるつもりではないですが、今後の僕たちの生活においては農業がめちゃくちゃ大事なんです。

 

ヤギ平

今の生活のままでいいのかな

ヤギ平です。

 

前回もお話したように僕は今、証券会社で営業ヤギをしています。

そこで課長代理という役職で仕事をさせてもらってます。

 

世間では証券会社の給料が高いとよく言われます。

確かに給与水準は同世代の友人よりも高いと思います。

福利厚生(巣を借りるための補助や人間ドックなどなど)も恵まれていると自分でもはっきり思います。

 

ただその日々に疑問を投げかけることがいくつか出てきました。

 

「本当に人に喜んでもらえている仕事なんだろうか」

金融が今の社会で必要であり、自助努力をしなければいけないと心底思います。

今は低金利で、給与水準もどんどん上がる状況ではないこと、更に国からの年金は有効な制度でありながらも今後それが確実にもらえる保証は一切ないことがシンプルな理由です。

ただ会社?もしくは上司の立場?からの要求は決してそこにつながらないことが多いのです。

本当にお客様のことを考えるのであれば「今は株を買ってもらうべきではない」「この商品はお客様には向かないから取り組みません」というケースがよくあります。

それでも会社や上司は利益を上げることが優先。

そりゃ慈善事業でやってるわけではないので理解できます。

 

しかし「その方針」に従うことでしわ寄せはお客様に向かい、信頼の失墜につながるわけです。

すべて突っぱねていけるほど僕が優秀であればそれも可能かもしれませんが、そこまでの能力もありません。

その葛藤はたくさんの営業ヤギが抱えていることでしょう。


まとめるとそんなところです。

それに反した行動はお客様が喜んだとしても評価されない風潮があります。


「ヤギゑ、ヤギ子と過ごす時間を増やしたい」

今は平日仕事、土日祝はお休み。

恵まれていると言えばそれまでですが、平日は朝早くに巣を出て、夜遅くに帰るためヤギ子に会える時間がありません。

※今は労働時間規制の風が吹き、帰る時間は早くなりましたので、ヤギ子に会う時間も出来ています。


人それぞれ大切にすることは色々ありますよね。

僕は家族との時間を大切にしたいです。


この生活をしている中で、

「このまま60歳か65歳までこの生活続けていいんかな?時間もないけど、あわせてストレスも大きいよな」

と思います。

少し前までは、僕は巣に帰ってもヤギゑ、ヤギ子と会話をすることもない時期がありました。

ヤギゑはその時、かなり心配をしてくれていたようです。

それにも気付けなかった。


そんな生活を60歳まで続けて、家族が幸せになれるんかな?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは今の生活に対して抱いている疑問の一部です。

また時間のある時に書きたいと思います。


ヤギ平

はじめまして☆

はじめまして。

これからブログを始めます。

※このブログはノンフィクションとフィクションが混同します。そこも楽しんで頂きますと嬉しいです。

 

このブログは私「ヤギ平」とその妻「ヤギゑ」の2人で書いていくつもりです。

 

簡単に自己紹介させて頂きます。

家族構成はヤギ平(32歳)、ヤギゑ(31歳)、娘のヤギ子(3歳)。

ヤギ平は現在ヤギ村の証券会社で営業をしており、約9年になります。

今は中堅営業ヤギとして責任を持って仕事に励んでいます。

 

そんなヤギ一家に人生の転機が訪れています。

仕事を辞めて、山の中で農業を始めようと画策中です。

 

お金を扱う仕事なのですが、評価経済社会への過渡期にある今、貨幣経済社会に疑問を持ち始めたのです。

 

その辺りも今後ブログの中で書いていくつもりです。

これからはヤギ平、ヤギゑの独り言や主張、農業のことなどを書きつつ、夫婦でこのブログを創り上げていきます。

 

皆様、暖かい目で見守ってくださいね。

 

ヤギ平