農業を始めようと考えているワケ

こんばんは、ヤギ平です。

 

自己紹介したように、今は証券会社で営業ヤギとして働いています。

その中では株式や投資信託などをお客様のヤギに買っていただき、その手数料が成績や会社の利益になっています。

一見すると証券会社のヤギがどうして農業というアナログな世界に足を踏み入れるのかと疑問に思われるかもしれない。

実際、友ヤギに相談していると、「なんでそんな異世界へ?」とか「また突拍子もないことを。」なんてことを言われることもある。

 

世間から見るとそうなると私自身も思う。

ただそこには根本的に自分の世界が変わったということが理由である。

 

ヤギ子が生まれ、ヤギ子自身・そして夫婦の健康に気を遣うようになりました。

更には2011年の東日本大震災によって、日本や世界のパラダイムは大きな転換点を迎えたといっても過言ではないと思います。

放射能汚染の恐怖が与える子ヤギたちへの影響は計り知れません。

 

いくら政府が問題ないですと言っても信頼出来ないのです。

チェルノブイリ原発から30年以上経った今でも影響は色濃く残っているのですから。

それなのに何を根拠に日本の福島原発の影響はないと判断しているんでしょうか。

更には福島への帰還を認めている状況も現在あり、政府の対応と発信には全く持って信憑性がありません。

 

その中で子ヤギたちの体への影響を考えると手ぶらで臨むことは危険だと考えたのです。

また日本の農作物には多くの農薬が使われている上に、海外では危険なため使用禁止の農薬ですら使われている状況です。

 

この状況下において僕たちが農業転身を考えることには何の違和感もないと思います。

自分たちの手(足?)で無農薬、無堆肥の野菜を作ることは非常に大切なことです。

そして完成すれば、それ必要とする方々はたくさんおられると確信しています。

だから農業をやるのです。

農業だけをやるつもりではないですが、今後の僕たちの生活においては農業がめちゃくちゃ大事なんです。

 

ヤギ平