「投資はリスクがあるから」と避けている人にひとつ伝えたい

 

こんばんは。

ヤギ平です。

 

実は6月20日(火)に二宮のVEGICAFEさんで【ヤギゑ食堂】というのを開催させて頂きました。

もちろん名前の通り主催者はヤギゑさんになります。

ヤギ平もその中でお金についてお話をさせて頂きました。

今日はそこで感じたことを書いてみたいなと思います。

 

 1. 投資は怖いから出来ないf:id:CreateGreen:20170622005635j:plain

という意見が非常に多かったです。

みなさん、普段から投資に接することがない方からすると当然のことですよね。

しかも周りの友人や家族とお金についての話をするのって下世話だと思われがちですし。

しかも高校時代の旧友で違う会社の人と給料の話をしたり、将来の年金対策にと掛けている保険について話をしたりすることってないですよね。

 

脱線しますが、これって貨幣経済社会の弊害じゃないですか?

お金があるから偉いとか、お金を稼いでるからすごいとか。

お金によって価値が判断される世の中だからこうなっちゃうんですよ。

でも人の価値ってそこなんですかね。

稼いでる人でも人間として尊敬するところがひとつも無いひともいます。

一生口を聞きたくないと思える人も皆さんの周りにいると思います。

いやいや話が逸れていきまくりそうなので戻りますw

 

当たり前のことでも参加者の方が驚いていたのは銀行金利の低さ。

「銀行の金利ってそんなに付かないでしょ」

「もともと付いてると思ってないし」

という方が多いですが、実際に調べてみると結構ビックリ。

 

現在の普通預金金利は0.001%

100万円を1年間預けても10円しかつきません。

これは厳しいですね。

 

余談ですが、カードローンは低くても5%超、高いと20%弱。

銀行は預金してる人にはほとんど金利を渡さないのに、

貸してあげるときには5%から20%も金利を付けて返せと言うのです。

割りに合いませんね。

 

ま、その話は置いといて。

「投資は怖いから出来ない」

という方々。

 

銀行金利で将来を担保出来なくないですか。

年金がもらえるか不安だからせめて元本保証の銀行に置いておきたいという気持ちも分かります。

でもその元本保証神話も一度や二度振り込みやATM引き出しをすれば吹っ飛ぶ金利しか付いてないので、元本保証という魔法の言葉に騙されているだけです。

 

ここで言いたいのは「リスクがあるから」と投資を避けることこそがリスクだということです。

 

2. じゃあ実際にどうしたらいいの?

 

f:id:CreateGreen:20170622005818j:plain

銀行に置いておくのもリスクのひとつだと分かったけど、

実際どうするのが正解なの?

 

よく聞かれる質問ですが、この答えは千差万別、十人十色です。

人はそれぞれの考え方と生き方、環境があります。

だから僕のようなヤギが「これしかありません!」なんてことを言えること自体が誤っているのです。

もし周りにいきなり来て、「これは間違いありません。自信があります」なんて人がいたらそれこそリスクですよw

 

ただひとつ言えるのは自分や家族の状況を理解した上で最善だと思える策を講じることが必要です。

それこそ難しいと言われるかもしれませんが、難しくて当たりまえです。

簡単に答えの出るものなら銀行、保険会社、証券会社、不動産会社、先物取引業者、などそんなにたくさんの会社は必要ないです。

だから各社は皆さんのお金を狙っているのですw

 

例えば銀行は今、低金利の中、預金のままではコストになってしまう状態です。

だからひと昔前は分配型投資信託、今は保険など収益性の高い(=販売手数料の高い)商品を、あたかも「サービス」と思わせて購入、契約させています。

中には本当に必要な人に、本当に必要だからと勧めてくれる方もいるでしょうが、大半は会社から言われてとか、会社での成績を上げるために勧めてくることが大半だと感じます。

 

 3. まとめ

f:id:CreateGreen:20170622010338j:plain

今日はここまでにして、続きはまた後日書きます。

とにかく預金もひとつのリスクだと思って頂けたなら幸いです。

リスクだと感じたなら一つでもいいので、行動を変えてみましょう。

その行動のとり方は先ほどもお話したように人それぞれです。

 

実際の行動についてもまた書いてみますので、参考になれば幸いです。

 

それでは。

おやすみなさい。

 

ヤギ平