たのしいごはん

小田原近辺で出張カフェをされてる、すてきなお姉さんがいます。

「たのしく、ていねいに」がモットーだそうで。

その方のごはんを食べに行ってきました。

 

いつも、ひとくち食べるたび感動してしまうんです。

今日もいっぱいおどろきがありました。

 

椎茸の出汁のきいた和風のとろりとしたスープに、タイムがひとふり。

ひじきの酢の物は揚げ茄子と和えてあって。

塩もみきゅうりから、ミントの香り。

赤玉ねぎと大根のサラダには、パクチーの風味が。

とうもろこしごはん。しょっぱさにとうもろこしの甘さがたまらない。

 

ホットのルイボスティー。湯気とともにミントの香りがスーとテーブルにひろがった。

夏みかんのタルトから、葛ゼリーがとろり。

 

ひとつひとつ、食べるのがわくわく。

舌と鼻の感覚を研ぎ澄ませて、ていねいにいただきました。

つくった人のやさいへの愛情が、食べてるわたしにも伝わってきて、

たべものがいとおしくかんじる。

本当に食べるのがたのしいごはん。

ランチ一皿で夏を満喫した気分になりました。

 

食べてるわたしも幸せやけど、

やさいたちもこんなにおいしく料理してもらって幸せやろな。

 

外食の店は溢れてるけど、こんなにていねいに、

愛情をもってごはんをつくってくれる料理人は

どんだけの数いるんやろう?

 

最後に食べれてよかった。

ごちそうさまでした。

 

やぎゑ