読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身の丈

独り言 農業

こんばんは。

ヤギ平です。

 

先日は3月11日、忘れもしない東日本大震災が起きて丸6年でしたね。

この事件が起きてから想うことは人それぞれあると思います。

決して忘れちゃいけない出来事です。

 

2011年3月11日

確か15時前に起こりました。

当時、僕は五反田という町で営業をしていました。

オフィスでお客様と電話をしているときに起こったのを今でも覚えています。

「あれ?なにか揺れますね」

なんて言ってるとどんどん揺れが激しくなりました。

「揺れがひどいんで一旦電話切りましょう」

そう言って電話を切りました。

 

テレビは置いてなかったので、

パソコンでニュースを確認しました。

その時は単なる地震と思っていましたし、

すぐに実家に連絡をして「こっちは大丈夫やで」

と父ヤギに告げました。

でも父ヤギは「なんのこっちゃ」と。

関東と関西ではまだ何が起こったのかも伝わっていない状態でした。

 

その僕も地震の揺れが収まってからは特に気に掛けてなかったんです。

まさか原発が倒壊してることも知らず。

その後ニュースで原発倒壊について知るわけですが、

当時の僕は「そうかそうか」ぐらいにしか考えてなかったです。

 

それから月日は経ち、

ヤギゑと結婚、ヤギ子も生まれました。

ヤギ子誕生によって僕の考えは大きく変わることになります。

 

ヤギゑが原発に対しての考え方をしっかりと持っていて、

色々な情報源もあったことで僕は「事の重大さ」を知ることになります。

 

人間は自分たちで制御できないモノを作り出したんですね。

経済成長という大義名分を盾にどんどん進めていきました。

広島での経験があるにも関わらず。

 

放射能は何百年も残るモノです。

それを作り出したのは人間です。

人間の寿命はせいぜい100年が限界でしょう。

 

要するに人間では制御しきれないモノを作り出しました。

そこまでして経済成長、名前だけの「おカネ」が必要なんでしょうか。

もちろん今の世の中は「おカネ」は必要です。

それは僕も証券会社で働いている以上認めます。

そしてこれからも「おカネ」の大切さ、扱い方を伝え続けていくつもりです。

 

人間はおカネがないと不幸なんでしょうか。

家族、仲間と何気ない毎日を暮らすことは幸せと言えないんでしょうか。

家族、仲間と食事をすることは本当に幸せでかけがえないものです。

 

今はその幸せすら担保されていない世の中になりました。

自分たち、子どもたちにも安全な食を保証しにくい世の中になりました。

放射能だけでなく、農薬・肥料も原因のひとつです。

このままでいいんですか?

 

僕は変えたいと想います。

 

ヤギ平