働く意味が分からないあなたへ。華金のために働いてるの?

こんばんは。

ヤギ平です。

 

最近会う方で多いのは今の会社や団体で働くのは疲れたという方です。

中には真剣に考えている人もいれば、ぼんやりと嫌だなと感じている人もいます。

 

 

1.結局のところ何がイヤなんでしょう?

 

 

嫌だ嫌だと文句は聞こえてきますが、一体何に不満があるんですか?

 

人間関係?

仕事内容?

拘束時間が長いこと?

プライベートの非リア充

とか。

 

そこがはっきりしないことには何も進まないです。

自分の中ではっきりしない悩みをぶちまけても誰も背中を押せないですよね。

 

「最後は大変だねぇ」で終わってしまうことが多いかと。

 

2.そのモヤモヤ、飲みの場で言い合ってませんか?

f:id:CreateGreen:20170623213416j:plain

 

 

華金になるとめちゃくちゃ楽しそうに飲み歩いていたり、平日からでも夜遅くまで飲んでいるサラリーマンの方を多く見かけます。

そういう方は大抵、朝の通勤ラッシュ時などはロボットのような顔や鬼のような形相をして駅構内や道を歩いていますよねw

 

その飲みの場で何の話をしてるんですか?

僕の周りでも多いのは、

  • 「あの人の言うことにはついてけない。納得出来ないよな。」
  • 「会社の言いなりで仕事が楽しくない。」
  • 「残業時間が減って給料も少なくなったからモチベーション上がらない。」

それを言ったところで何の解決にもならないのは明らか。

こういうことを言ってる人は上司が変わっても、残業時間が減っても、また別の不満が出てきてます。

 

それでいて飲み会に行っては寝不足で仕事にも身が入らず。

華金だからと朝まで飲んで、土曜日を寝て過ごす。

 

それって飲み会とか華金のために働いているようにしか見えへんw

 

3.それより行動を変えた方が100倍ステキ

愚痴を言い合ったり、傷を舐め合ったり、足引っ張り合ったりするぐらいなら少しでも早く帰って自分のために時間を使う方が100倍良い。

 

堀江貴文さんの「ゼロ」の中で

 

自分の時間を生きるのか、それとも他人の時間の中で生かされるのか。

 

といった文章があります。

まさにその通りですよね。

 

愚痴を言ってたり、傷を舐め合ったりしている間は、

主語が「自分」じゃないんですよね。

いつも主語が「他者」になってるハズ。

それってせっかくの自分の人生の中で、他者のために生きてるってことじゃないですか?

しかもその他者の時間の中で苦しい想いまでするんですか?

 

同じように辛い時間を過ごすとしても、「自分の時間の中」で苦しみませんか?

その方が絶対将来のためになるし、何かの解決になりますよ。

 

4.自分の時間を生きましょう!

f:id:CreateGreen:20170623213449j:plain

平日の地獄タイム、そして華金

日曜日の昼には地獄タイムの入り口に立っている。

 

そんな毎日は「他人」の時間を生きているハズです。

自分の気持ちに正直に行動を変えて「自分」の時間を生きましょう!

  

とりとめない文になってしまいました。

それでは今日はここまで。

 

ヤギ平

 

 

「投資はリスクがあるから」と避けている人にひとつ伝えたい

 

こんばんは。

ヤギ平です。

 

実は6月20日(火)に二宮のVEGICAFEさんで【ヤギゑ食堂】というのを開催させて頂きました。

もちろん名前の通り主催者はヤギゑさんになります。

ヤギ平もその中でお金についてお話をさせて頂きました。

今日はそこで感じたことを書いてみたいなと思います。

 

 1. 投資は怖いから出来ないf:id:CreateGreen:20170622005635j:plain

という意見が非常に多かったです。

みなさん、普段から投資に接することがない方からすると当然のことですよね。

しかも周りの友人や家族とお金についての話をするのって下世話だと思われがちですし。

しかも高校時代の旧友で違う会社の人と給料の話をしたり、将来の年金対策にと掛けている保険について話をしたりすることってないですよね。

 

脱線しますが、これって貨幣経済社会の弊害じゃないですか?

お金があるから偉いとか、お金を稼いでるからすごいとか。

お金によって価値が判断される世の中だからこうなっちゃうんですよ。

でも人の価値ってそこなんですかね。

稼いでる人でも人間として尊敬するところがひとつも無いひともいます。

一生口を聞きたくないと思える人も皆さんの周りにいると思います。

いやいや話が逸れていきまくりそうなので戻りますw

 

当たり前のことでも参加者の方が驚いていたのは銀行金利の低さ。

「銀行の金利ってそんなに付かないでしょ」

「もともと付いてると思ってないし」

という方が多いですが、実際に調べてみると結構ビックリ。

 

現在の普通預金金利は0.001%

100万円を1年間預けても10円しかつきません。

これは厳しいですね。

 

余談ですが、カードローンは低くても5%超、高いと20%弱。

銀行は預金してる人にはほとんど金利を渡さないのに、

貸してあげるときには5%から20%も金利を付けて返せと言うのです。

割りに合いませんね。

 

ま、その話は置いといて。

「投資は怖いから出来ない」

という方々。

 

銀行金利で将来を担保出来なくないですか。

年金がもらえるか不安だからせめて元本保証の銀行に置いておきたいという気持ちも分かります。

でもその元本保証神話も一度や二度振り込みやATM引き出しをすれば吹っ飛ぶ金利しか付いてないので、元本保証という魔法の言葉に騙されているだけです。

 

ここで言いたいのは「リスクがあるから」と投資を避けることこそがリスクだということです。

 

2. じゃあ実際にどうしたらいいの?

 

f:id:CreateGreen:20170622005818j:plain

銀行に置いておくのもリスクのひとつだと分かったけど、

実際どうするのが正解なの?

 

よく聞かれる質問ですが、この答えは千差万別、十人十色です。

人はそれぞれの考え方と生き方、環境があります。

だから僕のようなヤギが「これしかありません!」なんてことを言えること自体が誤っているのです。

もし周りにいきなり来て、「これは間違いありません。自信があります」なんて人がいたらそれこそリスクですよw

 

ただひとつ言えるのは自分や家族の状況を理解した上で最善だと思える策を講じることが必要です。

それこそ難しいと言われるかもしれませんが、難しくて当たりまえです。

簡単に答えの出るものなら銀行、保険会社、証券会社、不動産会社、先物取引業者、などそんなにたくさんの会社は必要ないです。

だから各社は皆さんのお金を狙っているのですw

 

例えば銀行は今、低金利の中、預金のままではコストになってしまう状態です。

だからひと昔前は分配型投資信託、今は保険など収益性の高い(=販売手数料の高い)商品を、あたかも「サービス」と思わせて購入、契約させています。

中には本当に必要な人に、本当に必要だからと勧めてくれる方もいるでしょうが、大半は会社から言われてとか、会社での成績を上げるために勧めてくることが大半だと感じます。

 

 3. まとめ

f:id:CreateGreen:20170622010338j:plain

今日はここまでにして、続きはまた後日書きます。

とにかく預金もひとつのリスクだと思って頂けたなら幸いです。

リスクだと感じたなら一つでもいいので、行動を変えてみましょう。

その行動のとり方は先ほどもお話したように人それぞれです。

 

実際の行動についてもまた書いてみますので、参考になれば幸いです。

 

それでは。

おやすみなさい。

 

ヤギ平

 

「お金がない」と言って諦めるコトありませんか?

f:id:CreateGreen:20170611233314j:plain

こんばんは。

ヤギ平です。

 

今日は聞きたいけど聞きにくい

誰に聞いたらいいか分からない

 

「お金」について書いてみようと思います。

カテゴリでもお金として分類して書いていこうと思いますので、

興味があれば読んでみてください。

 

まず以前にも自己紹介しましたが、

僕は証券会社で営業として働いています。

もうすぐ辞めることになりますが、丸9年と3か月ほどになります。

役職としては課長代理というポストです。

 

そこで今までの経験の中で感じたことを書いていこうと思います。

そういう風に思うのは

 

お金に縛られたくない

 

と、考えているからです。

f:id:CreateGreen:20170611232722j:plain

 

以前にも書きましたが、これから評価経済になっていくとはいえ、

今の世の中は貨幣経済社会だと考えます。

その中では「お金」が存在感を持っているということです。

過去ログをはっておきます。

 

creategreen.hatenablog.com

 

 

しかも今の日本では非常に幸せ度数が低いと感じています。

なにか新しいことを始めようとしたり、大切な人にプレゼントをしようとしたときに

お金で諦めてしまうことってありませんか?

 

僕はそういう世の中に嫌気が差します。

しかもこのお金というやつは気持ちの面にもどんどん浸食してきますよね。

 

仕事をしている上で辞めたいけど、給料がもらえるから辞められない

お金に余裕がないからあの上司とも付き合わざると得ない

 

とかとか。

皆様も少しは思い当たるフシがあると思います。

 

そんな中で本業でのお給料とは別に、

自分で作り出せるキャッシュフローがあるといいと思っています。

そして誰でも出来るので本当におすすめです。

 

何かと言うと

ずばり

証券投資です

 

証券投資とひとことで言っても、

株式、債券、投資信託、FX、仮想通貨などなど

 

どれやったらいいんやろー

そもそも投資って怖いもんでしょー

 

という声が聞こえてきそうですね。

もちろん何も知らずに投資の世界に足を踏み入れるのは怖いと思いますし、

そもそもリスクがあり過ぎます。

 

なぜなら投資の世界では儲かる人もいれば確実に損をしている人がいるからです。

それがあなたになって欲しくないと思います。

更に言えば自分であって欲しくないとも思ってますw

 

自分がかわいいのは大前提として、(それは皆さんも同じかと)

損をするために投資している人はいません。(まれにいるんですけどね、色んな理由で

 

ただ投資の世界には

自分とそれ以外の百戦錬磨のプロ集団がいる

 

だからこそ無知で飛び込んじゃだめなんです。

 

一方で「全て勉強して完璧にしてから始めよう」

という人もきっと失敗すると思います。

むしろこういう人はいつまで経っても始めないケースがほとんどです。

 

今はメガバンクなど普通預金金利は0.001%

100万円を銀行に置いていても、1年で10円にしかなりません。

 

税金を取られると(実は銀行金利って税金取られてるんです。20.315%)

8円しか手取りにならないんです。

これじゃ5円チョコぐらいしか買えないです。

(5円チョコって今袋売りで12枚入り100円ですって。ほんとに1枚8円や)

 

こんな時代だからこそ自分たちでお金を管理して、

お金に縛られない生き方をしたいものですね。

 

これからどういう風に管理していくといいのか。

そんなことも書いていこうと思います。

 

今日はこれまで。

 

ヤギ平

 

 

 

まずは動き出そう

こんにちは。

ヤギ平です。

 

最近は刺激的な毎日を過ごしています。

 

先々週は長野県の松本クラフトフェアという日本中の職人さんが集うフェアに行ってきました。

というのも僕の知り合いが出店するということだったので遊びに行ってきました。

 

大阪の靴工房  nitoel

http://www.nitoel.com

 

高校時代の友人が革靴職人になるとは思ってなかったですw

オーダー、セミオーダーでお客様の好みに合わせた靴を作ってくれます。

その靴を履くと不思議と柔らかい気持ちになれると思います。

主人の雰囲気が靴にも出ているということでしょうか。

 

是非一度行ってみてくださいね。

 

 

 

そして僕らヤギ一家は松本を後にして長野県南部にある原村というところに行きました。

松本で宿が取れなかったので南下したことは内緒にしときます。

 

レゲエペンション  ザイマカ

http://www.lcv.ne.jp/~xaymaca/

 

ここは偶然

宿を探している中でびびっと来たペンション。

到着すると直感通り、素敵な構え。

素敵なご主人。(と言ってもまだ若くて38歳?)

部屋にもテレビ無し、暖かい色の電気。

夜には暗さを楽しめと言わんばかりです。

 

暮らしを表現してくれるそんなペンションです。

オーナーのじょうじさん、アザス☆

 

そこではヤスオさんというオーナーの友人の方と知り合い、独立、起業についての話をさせてもらいました。

 

やはり近頃はこういう風に考える方が多いんですね。

雇用されているままの状態の先に、思い描く幸せの形が見出せないんですよね。

 

そうなれば自分たちで動くしかないですよね。

そして動かなければ何も変わらないですしね。

 

他にも刺激的な出会いがありましたので、後日書きます。

 

今日はここまで。

 

ヤギ平

突然の死

こんばんは。

ヤギ平です。

 

5月23日

ダンスの友達だった「たろう」が他界しました。

 

家も立派な家を建てました。

息子も生まれたばっかり。

年は僕よりも2つ下。

 

早いよ

いくらなんでも

 

なんでなんやろって本当に思います。

なんでたろうなん?って。

 

小田原にいたので、お葬式には参列出来ませんでした。

 

ホンマに世の中何が起こるか分からんって感じてます。

 

はちゃめちゃなやつやったけど、

めちゃくちゃ良いやつです。

 

心底友達想いやったし、

奥さんのことも大事にしてたし、

 

だからこそ周りからもすごい慕われて、

後輩もたろうのこと大好き

先輩もたろうのこと大好き

もちろん家族もたろうのこと大好き

 

何よりたろうが周りのみんなのこと大好き

 

大学のときからやから10年以上前からの付き合いになるんかな。

それで今お互いが30歳超えてもつながりがあった。

僕らのつながりは大学時代の先輩後輩でもないし、

会社での同僚でもないし、

地元のつながりっていうわけでもない。

 

ダンスでつながった関係。

でもダンスでいろんなことを学べてる。

今までもめっちゃ学んだし、これからも学ぶと思う。

 

ダンスのつながりって何?って思う人もいると思いますが、

友達っていう表現を超える何かを感じます。

これは表現してって言われると難しいんです。

 

僕らはよくダンス友達のことを

Crew

Family

って呼びます。

 

決してアメリカかぶれしてるつもりはなくて、

本当に仲間だと想うし、

もうひとつの血がつながってない家族だと思ってます。

 

これから何年経ったとしてもどこかで集まると信じてます。

そして集まれば音に乗りながら揺れながら、たわいもない話をするでしょう。

誰かの家やスタジオに集まるんだと思います。

 

そんな風にいつになっても変わらずつながれるような気がするし、

そんな想像が出来るんです。

あほな想像かもしれないですけど、

何故か想像出来るんです。

 

そこにはたろうがいて、他のFamilyがいるんです。

 

だから信じられへん。

まだ信じられへん。

 

よく明日死んでも後悔せんぐらいのつもり生きろって言われますよね。

明日死にたくないけど、それは確かなことやな。

死ぬのはいつ、誰に来るかホンマに分かれへん。

 

精一杯生きよう。

 

たろうへ

そっちでちょっと待っててな

またあほなことやろや

笑って待っとけ

 

REST IN PEACE

会社側との話し合い〜退職について〜

こんばんは。

ヤギ平です。

 

5月15日月曜日に本社の人事部と面談してきました。

 

結果、7月の転勤発表のタイミングで後任の引継ぎをつけるので、

そこまで退職を遅らせてほしいということになりました。

 

そしてヤギゑさんと話をして会社の要望に応える形になりました。

 

本当にヤギゑさんには感謝しています。

よく僕の勝手を許してくれています。

 

昨日は夜までヤギゑさんと話をしていました。

 

もっと自分勝手に生きればいいのに

自分の幸せのために

これはヤギゑさんに言われてガツンと頭をいかれた言葉です。

 

頭のなかでは気づいていたけど、実際の行動では反して動いている。

 周りの目を気にし過ぎている。

 

自分や家族、周りの人の幸せのためにもっと自分勝手に生きるということ。

それが正しいと頭で分かっていながらも出来ずにいます。

 

「大学生のころや、ダンスをしているときのヤギ平さんならなんて言う?」

 

これもガツンといかれました。

 

本当に大切なことを気づかせてくれます。

昨日はヤギゑさんの目を見て

「まっすぐやな」

と感じました。

 

うん。

元気にいこう。

 

ヤギ平

たむ農園 訪問(静岡県富士宮市)

こんばんは。

ヤギ平です。

 

昨日のアサヨガはヤギゑさんの書いたものだと思います笑

密かに書いてたなんてびっくり笑

そしてちょっと嬉しく感じています。

 

今日は静岡県富士宮市にあるたむ農園さんにお邪魔してきました。

tamufarm

 

田村さんとは昨年の「たんじゅん農法勉強会」で知り合いました。

その後、いつか遊びにいきますと言いながらなかなか行けずにいました。

 

今回たむ農園に行けて本当に良かったです。

 

まずたむ農園、気持ちいい!!

 

 

この一言に尽きます。

この環境で出来たお野菜は絶対美味しいと思います。

だってそこにいるだけで気持ちいいんやもんね。

 

そして富士宮市に移住を検討されているご家族も来ておられました。

話を聞いているとIT系のお仕事をされていると。

 

色んな事業計画を考えておられる方で刺激になりました。

やっぱり今の時世は小商いすることが少数派で、被雇用が多数派なんでしょう。

 

これからは小商いが増えてくる

 

 

話をしていて感じたのは「お金」だけを評価や富の基準にしないということ。

負け惜しみだと言われればそれまでですが、実際に世に言われる「安定」から農業生活などへの「挑戦」という行動が取られていたり、取ろうとしている人が多いのが実情ではないでしょうか。

 

つまりは生活水準は住む場所や付き合う人、暮らし方によって千差万別。

幸せの感じ方も千差万別というわけです。

そして忘れてならないことは、「挑戦」する人が「お金をないがしろにしていない」ということです。

 

お金は大切だけど、それ以上に大切なものがあると感じている。

もしくはそれ以上に大切なことに気付けたというケースが多いと思います。

 

単純に感じたことを書いただけなのでスルーしてください。

 

 

 

いやー

それにしてたむ農園は気持ちよかったです!!

皆様も機会があればぜひ!!

 

ヤギ平