読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

突然の死

こんばんは。

ヤギ平です。

 

5月23日

ダンスの友達だった「たろう」が他界しました。

 

家も立派な家を建てました。

息子も生まれたばっかり。

年は僕よりも2つ下。

 

早いよ

いくらなんでも

 

なんでなんやろって本当に思います。

なんでたろうなん?って。

 

小田原にいたので、お葬式には参列出来ませんでした。

 

ホンマに世の中何が起こるか分からんって感じてます。

 

はちゃめちゃなやつやったけど、

めちゃくちゃ良いやつです。

 

心底友達想いやったし、

奥さんのことも大事にしてたし、

 

だからこそ周りからもすごい慕われて、

後輩もたろうのこと大好き

先輩もたろうのこと大好き

もちろん家族もたろうのこと大好き

 

何よりたろうが周りのみんなのこと大好き

 

大学のときからやから10年以上前からの付き合いになるんかな。

それで今お互いが30歳超えてもつながりがあった。

僕らのつながりは大学時代の先輩後輩でもないし、

会社での同僚でもないし、

地元のつながりっていうわけでもない。

 

ダンスでつながった関係。

でもダンスでいろんなことを学べてる。

今までもめっちゃ学んだし、これからも学ぶと思う。

 

ダンスのつながりって何?って思う人もいると思いますが、

友達っていう表現を超える何かを感じます。

これは表現してって言われると難しいんです。

 

僕らはよくダンス友達のことを

Crew

Family

って呼びます。

 

決してアメリカかぶれしてるつもりはなくて、

本当に仲間だと想うし、

もうひとつの血がつながってない家族だと思ってます。

 

これから何年経ったとしてもどこかで集まると信じてます。

そして集まれば音に乗りながら揺れながら、たわいもない話をするでしょう。

誰かの家やスタジオに集まるんだと思います。

 

そんな風にいつになっても変わらずつながれるような気がするし、

そんな想像が出来るんです。

あほな想像かもしれないですけど、

何故か想像出来るんです。

 

そこにはたろうがいて、他のFamilyがいるんです。

 

だから信じられへん。

まだ信じられへん。

 

よく明日死んでも後悔せんぐらいのつもり生きろって言われますよね。

明日死にたくないけど、それは確かなことやな。

死ぬのはいつ、誰に来るかホンマに分かれへん。

 

精一杯生きよう。

 

たろうへ

そっちでちょっと待っててな

またあほなことやろや

笑って待っとけ

 

REST IN PEACE

会社側との話し合い〜退職について〜

こんばんは。

ヤギ平です。

 

5月15日月曜日に本社の人事部と面談してきました。

 

結果、7月の転勤発表のタイミングで後任の引継ぎをつけるので、

そこまで退職を遅らせてほしいということになりました。

 

そしてヤギゑさんと話をして会社の要望に応える形になりました。

 

本当にヤギゑさんには感謝しています。

よく僕の勝手を許してくれています。

 

昨日は夜までヤギゑさんと話をしていました。

 

もっと自分勝手に生きればいいのに

自分の幸せのために

これはヤギゑさんに言われてガツンと頭をいかれた言葉です。

 

頭のなかでは気づいていたけど、実際の行動では反して動いている。

 周りの目を気にし過ぎている。

 

自分や家族、周りの人の幸せのためにもっと自分勝手に生きるということ。

それが正しいと頭で分かっていながらも出来ずにいます。

 

「大学生のころや、ダンスをしているときのヤギ平さんならなんて言う?」

 

これもガツンといかれました。

 

本当に大切なことを気づかせてくれます。

昨日はヤギゑさんの目を見て

「まっすぐやな」

と感じました。

 

うん。

元気にいこう。

 

ヤギ平

たむ農園 訪問(静岡県富士宮市)

こんばんは。

ヤギ平です。

 

昨日のアサヨガはヤギゑさんの書いたものだと思います笑

密かに書いてたなんてびっくり笑

そしてちょっと嬉しく感じています。

 

今日は静岡県富士宮市にあるたむ農園さんにお邪魔してきました。

tamufarm

 

田村さんとは昨年の「たんじゅん農法勉強会」で知り合いました。

その後、いつか遊びにいきますと言いながらなかなか行けずにいました。

 

今回たむ農園に行けて本当に良かったです。

 

まずたむ農園、気持ちいい!!

 

 

この一言に尽きます。

この環境で出来たお野菜は絶対美味しいと思います。

だってそこにいるだけで気持ちいいんやもんね。

 

そして富士宮市に移住を検討されているご家族も来ておられました。

話を聞いているとIT系のお仕事をされていると。

 

色んな事業計画を考えておられる方で刺激になりました。

やっぱり今の時世は小商いすることが少数派で、被雇用が多数派なんでしょう。

 

これからは小商いが増えてくる

 

 

話をしていて感じたのは「お金」だけを評価や富の基準にしないということ。

負け惜しみだと言われればそれまでですが、実際に世に言われる「安定」から農業生活などへの「挑戦」という行動が取られていたり、取ろうとしている人が多いのが実情ではないでしょうか。

 

つまりは生活水準は住む場所や付き合う人、暮らし方によって千差万別。

幸せの感じ方も千差万別というわけです。

そして忘れてならないことは、「挑戦」する人が「お金をないがしろにしていない」ということです。

 

お金は大切だけど、それ以上に大切なものがあると感じている。

もしくはそれ以上に大切なことに気付けたというケースが多いと思います。

 

単純に感じたことを書いただけなのでスルーしてください。

 

 

 

いやー

それにしてたむ農園は気持ちよかったです!!

皆様も機会があればぜひ!!

 

ヤギ平

アサヨガ

AM6:00起床。

雨のおと。鳥のさえずり。わたしの「吸う」と「吐く」のおと。

ただそれだけに耳を澄ませて。

空気をからだに取り入れて。

 

最後に思い浮かべたのは、大切な人の顔。

ちかごろまわりの人たちに教えてもらう

「愛」「あい」「ai」

大切なひとたちへの愛を感じて、祈りをこめて。

こころが満たされた。

 

気が付くと、雨は上がっていた。

一日がはじまる。

 

と、

そろそろ元気なこえが寝室から聴こえてきた。

感謝

こんばんは。

ヤギ平です。

 

会社の上司に辞意を伝えてから3日経ちました。

今後のスケジュールは15日の月曜日に人事部と面談をして退職手続きに入っていくみたいです。

その後業務、お客様の引継ぎをしていく予定です。

 

まぁそれは置いといて。

 

批判や苦言もありますが、

ほとんどの方が今後の僕たちの生き方について応援してくれます。

 

本当にありがたいことです。

同時にさみしさもこみ上げています。これからみなさんと会うことの頻度が少なくなるんだろうなと。

 

今日も会社のヤギさんたちとご飯に行かせてもらいました。

その空気感は好きです。

やっぱり僕は周りのヤギさん達に支えられて生きていると実感します。

周りがいなければ生きていけないと思います。

 

ある人に言われたのは「自分以外に頼って生きていけると思ってるのか」との言葉を頂きました。

 

声を大にして言いたい。

 

周りがいないと生きていけない

このことは世の中の常だと思います。

もし一人だけで生きている人がいるのなら会ってみたい。

 

僕はみなさんのおかげで生きています。

生まれてから自分で決断してきた積み重ねが今です。

そしてその中で手に入れたものが周りのヤギさん達の支えです。

それだけで僕は十分恵まれている。

 

今度は僕も周りにいるヤギから幸せにしていきたい。

そうすることで幸せは伝播していくに違いない。

 

皆様。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

ヤギ平

 

「私、会社辞めます」~今の気持ち~

こんばんは。

ヤギ平です。

 

ご報告です。

会社に辞める意志を伝えてきました

 

 

 

今の気持ちは不安との闘いです。

会社の管理職にその旨を伝えた際に想像してはいましたが、

「うちを辞めてどうするんだ。家族をどうやって養っていくんだ。」

と言われました。

 

ごもっともだと思います。

だからこれから収入が不安定になる時期が確実に目の前に控えている中で不安になっています。

伝えた後では家の中を見てもさみしい気持ちになります。

 

1年半ほどにはなりますが、小田原という土地はとても気に入っています。

ここから離れることはさみしいです。

毎日一緒に働いているメンバーとも会えなくなる。

小田原でお世話になったヤギさん達とも距離が離れる。

 

そりゃさみしいですよね。

 

それ以上に「今」やらないと、もう動けなくなると思う

 

 

今年で33歳になり、体力的にもモチベーション的にも最後じゃないかと。

挑戦と言えばかっこいいですが、ほとんどの人からは無謀と思われるでしょう。

 

今の収入を捨てて、それ以上の収入が得られるようになるのかと。

収入やお金だけで人生の豊かさは測れない

やっぱり僕は家族や仲間と一緒に過ごす中で幸せになっていきたい。

お金が必要ないとは全く思ってないです。

だからこれからもお金については携わっていこうと思います。

 

ただお金をたくさんもらうために家族との時間を削ったり、ストレスを溜めまくったり、その結果定年退職してから熟年離婚したりするよりはいいと思います。

そんな人が世の中大勢という意味ではないです。

今の僕の状況からするとそうなりかねない。

 

やりたい農業をやる

 

しかもやりたい方法でやる。

だから借り入れもしない。

本当に幸せな人生を贈るためにやる。

 

今日はそんな日。

決意を改めて感じた日。

そしてより強く想うようになった日。

負けない。

 

 

ヤギ平

明日会社に退職の旨を申し上げます

こんばんは。

ヤギ平です。

 

明日会社に退職する旨を申し出ようと思います

 

いよいよこの日が目の前に来ています。

独立を考え始めたのは2015年頃から。

この会社に入る前から独立はしようと決めていたけど、なかなか行動に移せずにいました。

 

農業という分野での独立をしようとは夢にも思っていなかったです

 

本来、田舎で暮らそうとは考えていなかったというのが実情です。

それはヤギゑさんの影響が大きくありました。

 

彼女は非常に芯の強いヤギです。

ぼくには無いものを持っているヤギです。

そしてその感性に共感し、その感性に感動しています。

前にも後ろにも向くヤギですが、どちらに進む場合もあり得ないぐらいにのめり込みます。

「いつか田舎でカフェとかやりたいなぁ」

と言っていたのをずっと覚えています。

 

今はそっちの方向に向かっている気がします。

確実にそれが実行されるわけではないけど、それに近しい方向に進んでいるのは間違いないと感じます。

 

両家の親にも話してきました

 

GWの連休を使って親にも独立する旨を伝えてきました。

といっても僕の親には前々から伝えていたので、ヤギゑさんの両親に伝えてきました。

ヤギゑさんからお母さんにはある程度話してもらっていたので、お父さんに話を通すことが今回の一番の目的でした。

お父さんに反対されたらどうしよう、心配をかけまくったらどうしようと考えていました。

 

その心配をよそにお父さんはめちゃくちゃ応援してくれました。

本当に良かったです。

有機農法だけでなく、自然農法のことまで話し出してくれました。

そんなところまでご存じとは!

と、ビックリしてしまいました。

 

でも理解のある親で本当に良かったです。

感謝。

 

明日はどういう展開になるのか

 

 

今はそのことが頭を巡っています。

でもこれからのことを考えると、遅かれ早かれ言いださないといけないことです。

迷っても仕方ないですね。

 

ただ会社、上司、先輩には今まで本当にお世話になりました。

これからもお世話になる方々も多いと思います。

このことは感謝という以外ありません。

 

とにかく明日行って参ります。

 

 

ヤギ平